ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 >救急活動編: 骨折時の応急処置について紹介します
前のページへ 次のページへ

 今回は、四肢の骨折に対する正しい知識と応急処置について紹介します。

☆骨折は何が原因で起こるのか?
・転倒
・交通事故
・衝突
・高所からの転落
・その他(大きな外力を受けたとき)

☆骨折している場合の特徴は?
・激しい痛みがある
・痛い部分が腫れている、又は変形している
・痛みで負傷した部分を動かせない
・骨が皮膚から突き出ている

※ 骨折している場合、放置しておくと悪化させてしまったり、治るのが遅くなってしまうおそれがあります。適切な応急処置を知っておきましょう。

☆骨折している場合の応急処置はどうすればよいのか?
@ 骨折箇所の固定を行う
A 固定方法は、骨折箇所の両端2関節が動かないように固定する
B 添え木を使用して、三角巾で縛る
C 添え木がなければ、雑誌・傘・ダンボール等で代用する
D 三角巾がなければ、ハンカチ・スカーフで代用する

 固定することによって、周囲の血管や神経の損傷を防ぐことができ、激しい痛みを和らげることができます。
応急処置ができたら、速やかに病院へ行きましょう。


腕の固定
三角巾を使用し吊り下げます。

下肢の骨折に対する固定方法 1
下肢の骨折に対する固定方法 2

前のページへ 次のページへ
 
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編: 骨折時の応急処置について紹介します
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ