ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:意外と多い?初秋の熱中症
前のページへ 次のページへ

まだまだ暑い日が続く中、運動が活発になるこの時期は熱中症に要注意!!

 8月も終わり少し暑さが弱まってきたこの時期でも、熱中症になることがあります。
 今回は、この時期の熱中症の特徴と対策を紹介し、発症時の応急手当方法を再確認したいと思います。

1 この時期の熱中症の特徴と対策
  まだまだ暑い日が続く中、9月に入り運動会など体を動かす機会が多くなります。気温
 や湿度が高く、直射日光が当たる中で、長時間運動をすると熱中症を引き起こしやすく
 なります。水分補給をしっかり行い、体調不良を感じたら無理をせず休むこと が大切で
 す。
  また、真夏に比べ寒暖の差が大きくなり、体調を崩しやすくなります。体調を崩したま
 ま運動をすると、熱中症を引き起しやすいため、気温に合った服を着るように心がけた
 り、十分な睡眠と食事を取り、体調管理をしっかり行いましょう!!

2 熱中症の応急手当
 @ 休   息 
安静に出来る場所へ移動させ、衣服等を緩めたり、場合によっては脱が
          せる。

 A 冷   却 
涼しい場所で休ませ、濡れタオル等で身体を冷やし体温を下げる。
 B 水分補給 
意識がはっきりしていればスポーツドリンクなどで水分補給をする。
3 注意事項
  意識が無い(呼びかけても反応が無い)、意識が回復しない状態は危険です。また、呼
 びかけに対し応答が鈍い、言動がおかしいなどの場合も注意が必要です。上記@Aの
 手当てを行ないながら、すみやかに医療機関を受診して下さい。


★ もし熱中症になってしまったら・・・

濡らしたタオルで熱を逃がす

 風通しの良い日陰や、冷房の効いている場所に移動し、衣類をゆるめて体を楽にしましょう。
 また、濡らしたタオルなどで、体を冷やしましょう。


脇の下を冷やす

 冷たい水で冷やしたタオル等で脇の下を冷やす。(脇の下の動脈を冷やすことで、すばやく体温を下げる効果があります)


足の付根を冷やす

 冷たい水で冷やしたタオル等で足の付け根を冷やす。(足の付け根の動脈を冷やすことで、すばやく体温を下げる効果があります)




 意識朦朧としたり、高熱となった場合などは、すみやかに医療機関を受診して下さい。

前のページへ 次のページへ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:意外と多い?初秋の熱中症!! 上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ