ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救助活動編:災害現場の必需品 第12弾「宇宙服?」
前のページへ 次のページへ
化学防護服

 最近ニュース等で有毒ガス発生時に宇宙服のようなものを着て活動している隊員を目にしたことはありませんか?あれは通称「陽圧式化学防護服」といいます。今回は災害現場の必需品第12弾としてご紹介します。
陽圧式化学防護服は、ヘルメット・空気呼吸器を着装したまま全身を包み込むことによって隊員を保護し、隊員の吐く息が防護服内に溜まることにより内部を膨らませて陽圧状態に保ち、毒性ガスが人体に悪影響を与える濃度を越える区域においても活動することが出来るように設計されています。   
 まず、着装は二人一組で行います。そして、災害現場では絶対に二人以上で活動するようにしています。一回の着装で活動出来る時間は、空気ボンベの容量上約20分〜25分です。また、重量が約7kgで隊員の活動に負担のかからない軽量構造となっています。
今後も、多種多様な災害現場を想定して訓練に励み、市民の安全を第一に昼夜活動していきたいと思います。


空気呼吸器と陽圧式化学防護服を準備 空気呼吸器装着
空気呼吸器と陽圧式化学防護服を準備
空気呼吸器装着

編上靴を脱いでブーツに足を入れる 面体を装着し、両腕・頭部を入れる
編上靴を脱いでブーツに足を入れる
面体を装着し、両腕・頭部を入れる

外側から気密性の高いファスナーを閉める 装着完了
外側から気密性の高いファスナーを閉める
装着完了

前のページへ 次のページへ

ホームページ消防・防災最前線 > 救助活動編:災害現場の必需品 第12弾「宇宙服?」
上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ