ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救助活動編:災害現場の必需品 第9弾!インパルス消火銃
前のページへ 次のページへ
災害の必需品!インパルス消火銃

 インパルス消火銃とは、空気ボンベと消火剤容器(容量約12リットル)が一体となったドイツで開発された個人携行型の消火装備です。舞鶴消防では救助隊に1機配備されています。
 圧縮した空気の力で水の塊(約1リットル)を噴霧状に発射し消火します。水量も少ないため水損防止に優れ、特に車両火災には1〜2発で消火することが可能です。
 多少の遮へい物があっても、火元に対して霧状の水が的確に到達することができ、また背負って使用する為、消防車がホースを伸ばせない、狭い現場等でも消火活動が行えます。大規模火災よりも、初期消火に威力を発揮します。 
 重量約25kg【インパルス消火銃+消火剤容器+消火剤(水)】


諸元性能
インパルス消火銃部分 全長 800mm
直径 70mm
重量 6.5Kg
消化剤容器部分 全高 540mm
直径 直径 200mm
重量 6.5s(消火水含まず)
水容量 12リットル
性能 放水量 1回の発射で最大1リットル(調整可)
放射範囲 1〜10m(無風時)
噴射幅 2.5〜3m(銃口から5mの位置)


インパルス消火銃 結合状況 装着した状態
インパルス消火銃システム
結合状況
装着した状態


前のページへ 次のページへ

ホームページ消防・防災最前線 > 救助活動編:火災現場の必需品 第9弾!インパルス消火銃
上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ