ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 >災害現場の必需品 第27弾 「スケッドストレッチャー」
前のページへ 次のページへ
 
救助隊の搬送手段
 

 今回は「スケッドストレッチャー」と「ブルーシート」を紹介します。
 スケッドストレッチャーは主に瓦礫救助などで使用し、要救助者を搬送するための資機材のひとつです。
 この資機材は狭い空間から引きずりながら救出することができ、また要救助者を包み込むように固定するので、救出のため移動する時に負傷しないよう守ってくれます。
 さらには、横吊りや縦吊りが必要な場所でも使用することができ、幅広い活用が期待できる資機材です。
 次に、「ブルーシート」です。
 実はブルーシートでも使い方次第で要救助者を搬送する道具になります。
 例えば、大震災などの場合、救助資機材には限りがあるので、比較的安価で身近にあるブルーシートを使用した搬送方法などが考案されています。
 また、冬場など長時間救助を待つ要救助者は、低体温に陥りやすいので、ブルーシートなどでパッキング(要救助者の体を包み込むこと)することで保温効果も期待できます。
 このようなブルーシートを使用したパッキングや引きずりながらの救出は、救助隊員だけでなく皆さんにもできる簡単な方法です。一度試されてはいかがでしょうか?
 救助隊はこれからも様々な資機材を駆使し、日々の訓練に励みます 。

※低体温…何らかの理由で低温環境に長時間おかれたときに発生するもので、死亡率が30〜80%と高く、見落とされがちだが実は重要な緊急症である。


スケッドストレッチャーの設定 縦吊り
スケッドストレッチャーの設定

吊り上げ(縦吊り)


横吊り 保温
吊り上げ(横吊り)
要救助者を真ん中に乗せて、
包み込むように折ります。

固定 持ち手
包み込んだら、ガムテープで固定します。
頭の上で持ち手を作ります。

準備完了 救出開始
準備完了救出開始!
救出中!
前のページへ 次のページへ

ホームページ消防・防災最前線 >災害現場の必需品 第27弾 「スケッドストレッチャー」 上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ