ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 >消防活動編:消火栓の点検・整備を実施しています。
前のページへ 次のページへ

 消火栓とは、火災の時に消防隊が消火活動を行う際に、市内の各家庭に送られている上水道の配管から、水源として使用するための大切な設備です。

 消火栓の歴史は古く、100年以上前に水道が普及した横浜で初めて設置され、その後水道の普及とともに日本各地に広まり、現在では何処の道路でも見られるようになりました。

 消火栓の点検整備は年2回春と秋に実施し、行っている作業の内容は以下のとおりです。
 @ 電柱等に取り付けられている、消火栓の位置を示す標示板の状況確認
 A 消火栓ボックスの蓋及び開閉バルブの状況確認
 B 接続金具の作動状況及び変形の有無の確認
 C 消火栓ボックス内に、泥や水が溜まっていた場合は排出

 平成26年4月1日現在、舞鶴市内には2,064基の消火栓があり、有事の際「すぐに使用できるよう」これらの全てを点検整備しています。

 市民の皆さんも、消火栓の上や防火水槽の周囲等に駐車しないよう、ご協力をお願いします。



蓋を開け内部の状況を確認 バルブを開け、通水状況の確認
蓋を開け内部の状況を確認
バルブを開け、通水状況の確認

接続金具の清掃 接続金具が正常に作動するか確認
接続金具の清掃
接続金具が正常に作動するか確認

水や泥が溜まっている時はポンプで排出
水や泥が溜まっている時はポンプで排出

前のページへ 次のページへ
 
ホームページ消防・防災最前線 > 消防活動編:消火栓の点検・整備を実施しています。
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ