ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:緊急時の体位管理方法!
前のページへ 次のページへ
緊急時の体位管理方法!
体位管理方法を紹介します!

 傷病者に適した体位にすることは、呼吸や全身の血液循環機能を改善及び維持し、痛みを和らげ、さらに出血量の減少など、傷病者の症状の悪化を防ぐため重要となってきます。

1 半座位(ファーラー位)
  半座位とは、上半身を約30〜40度起こし膝を曲げ、その下に枕や毛等を入れる体位の
 ことです。
 @ 急性腹症(胃潰瘍穿孔、腸閉塞等)、腹部外傷など腹痛を強く訴える傷病者に適して
  います。
 A 腹部の緊張と痛みを和らげる効果があります。

2 起座位
  起座位とは、上半身を起こして布団などに寄りかかる体位のことです。
 @ 喘息や狭心症など呼吸や胸の苦しさを訴えている傷病者に適しています。

3 ショック体位
  ショック体位とは、仰向けの状態で足側を15〜30cm高く上げる体位のことです。
 @ 貧血や大量の出血などで気分の悪さを訴えている傷病者に適しています。
 A 頭部に外傷がある場合は行ってはいけません。

 傷病者の体位を変える際は、痛みや不安感を与えないようにし、体位を強制してはいけません。一番大切なのは傷病者が希望する最も楽な体位にしてあげることです。


半座位(ファーラー位) ショック体位
半座位(ファーラー位)
ショック体位

起座位 起座位
起座位
起座位

前のページへ 次のページへ

ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:緊急時の体位管理方法! 上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ