ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:夏じゃなくても怖い?「熱中症」を知ろう!
前のページへ 次のページへ
正しい水分補給を覚えましょう!
冷水タオルによるマッサージ

 8月が過ぎ、楽しい夏休みも終わり、9月になりました。朝夕には時折涼しい風を感じるときもあり、スポーツの秋の到来を感じさせられます。
 しかし、ご存知ですか?熱中症にかかるのが真夏の日に限らないということを!油断していたらそれほど暑くない日でも熱中症になる可能性は十分あるのです。
 今回は、その熱中症について詳しく紹介いたします。
 熱中症とは、死に至ることもある恐ろしい病気です。しかし原因と予防法を知っていれば確実に防ぐことができる病気でもあります。
 運動後は、しっかり水分補給をして、スポーツの秋を大いに楽しみましょう。



太い動脈の冷却 送風冷却
太い動脈(脇の下、首の横、足の付根)に氷のうやアイスノンなどを当てることにより血液を冷やします。
うちわなどで扇いで送風することにより冷却します。衣服を脱がせて霧吹きなどで体を濡らしてから行うとより効果的です。

 水分補給について
 脱水を防ぎ、その脱水などが原因で起こる熱中症を予防するには水分補給が必要です。では、その水分補給の方法ですが、ただ水をガバガバ飲めばいいというわけではありません。失われた水分の中には水だけでなく色々な成分が含まれています。一緒に塩をなめたり薄い塩水((0.1%〜0.2%程度の濃度)を飲む必要があります。しかし、塩水は飲みにくい、ということで工夫されたのがスポーツドリンクです。長時間の運動で失われたエネルギーの補充ができるようなものもあるようです。


前のページへ 次のページへ

ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:夏じゃなくても怖い?「熱中症」を知ろう! 上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ