ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:♯7119 令和2年10月1日スタート!
前のページへ 次のページへ
 「昨日から体調が悪くて、熱が下がらないけど、病院へ行った方がいいかな…」
 「家族の様子がおかしい、救急車呼んだ方がいいかな…」
 このように病院受診や救急車の要請に迷ったら、♯7119に相談してみましょう!

#7119(救急安心センター事業)とは
 突然の病気や怪我で救急車を呼ぶか、自分で病院へ行くか迷った場合に、看護師等から様々なアドバイスを受けることができる救急の電話相談窓口です。
 京都府では令和2年10月1日からスタートします!

○こんな時は♯7119に相談してみましょう
 「子供が熱を出して様子がおかしい、救急車呼んだ方がいいかな…」
 「なんとなくいつもより体調が悪い、病院へ行った方がいいかな…」
 「怪我をしたけど、応急手当はどうしたらいいの?」
 「こんな症状で救急車って呼んでいいのかな…」

○専門家からの適切なアドバイス
 ・「緊急性のある症状か」「すぐに病院受診が必要か」等を判断してくれます。
 ・緊急性が高い場合は、すぐに119番通報を指示されます。
 ・受診可能な医療機関の案内
 ・応急手当の方法

○電話番号、対象年齢
 ♯7119または0570‐00‐7119(全年齢)
 ♯8000または075‐661‐5596(15歳未満の子供や家族等)

○料金
 相談料は無料(通話料は相談者の負担)

○相談時間
 原則、24時間365日体制
  (♯8000の場合は、19時〜翌朝8時、土曜日については午後3時〜翌朝8時)


 呼吸がない、意識がない、大量出血している等、緊急だと思われた場合は、
 ためらわず119番通報をして救急車を呼んで下さい。


 関連ダウンロードファイル 
 京の救急受診ガイド
前のページへ 次のページへ
ホームページ消防・防災最前線♯7119 令和2年10月1日スタート! 上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ