ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:救命処置を実施した市民に感謝状を贈呈!!
前のページへ

感謝状贈呈

 平成30年11月、舞鶴市内で心肺停止の傷病者に対し、バイスタンダー(現場に居合わせた方)が救命処置を行い、傷病者が社会復帰した事例があり、救急活動に協力したバイスタンダー7人に対して感謝状を贈呈しました。
 今回は、バイスタンダーが現場で行った行動についてお話をします。

 この事例は、AEDが設置されている公共施設で発生しました。
初めに、倒れている傷病者を発見したバイスタンダーが119通報とAEDを持ってくるように大声で呼びかけました。
 次に、その声を聞いた他のバイスタンダーが手分けしてすぐに119通報、胸骨圧迫の開始、AEDを取りに行きました。救急隊が到着するまでの間、バイスタンダーによる絶え間ない胸骨圧迫、AEDでの電気ショックを交替しながら行いました。
 現場に到着した救急隊は、バイスタンダーから救命処置を引き継ぎ、医療機関に搬送しました。
 その後、医療機関での集中治療により、傷病者は無事に退院し、社会復帰されました。

 後日、バイスタンダーの皆さんの勇気ある行動が救命に繋がったものでその功績を称え、感謝状を贈呈させていただきました。勇気を持って救命処置を実施されたバイスタンダーの皆さん、ありがとうございました。

 傷病者の命を救い、社会復帰に導くために必要な一連の行いを「救命の連鎖」といいます。
 今回の事例は、バイスタンダーが「救命の連鎖」の「早期認識と通報」と「一次救命処置(心肺蘇生とAED)」を早期に行ったことが傷病者の社会復帰に繋がりました。舞鶴市消防本部では、心肺蘇生法やAEDの取扱いを中心とした普通救命講習(3時間)、PUSHコース(1時間)を月に1回開催しています。
 自分の目の前で人が倒れた場合、救命処置を行うのはあなたかもしれません。大切な命を救うため、この救急講習に参加して、心肺蘇生法とAEDの使い方を覚えませんか?たくさんの受講をお待ちしています!

 
普通救命講習、PUSHコースはこちらをクリックしてください。


感謝状贈呈
感謝状贈呈

前のページへ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:救命処置を実施した市民に感謝状を贈呈!! 上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ