ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:皆さん、脱水症予防を心がけましょう!
前のページへ

 皆さん、「脱水症」ってご存知ですか。「脱水症」とは、身体の中にある水分と塩分が失われた状態のことをいいます。脱水状態になると口が渇いたり大量に汗をかいたりするだけでなく、めまい、ふらつき、全身の脱力感、頭痛、食欲低下、筋肉痛、吐き気などの様々な症状が出現します。熱中症は 脱水症となる原因の一つです。熱中症は体温が上昇しますが、脱水症は体温が上がらなくても発症します。脱水症は症状が悪化すると生命に関わることもあり大変危険です。特に脱水状態になりやすいと言われている子どもや高齢者は注意が必要となります。脱水症にならないために、日頃から脱水症予防を行いましょう!


<脱水症になる原因>
○ 運動をして大量に汗をかいたとき
○ 寝ているとき
○ 暑い夏など環境温度が高いとき
○ お酒をたくさん飲んだ後
○ 下痢や嘔吐をしたとき
○ お風呂に入った後


 <脱水症にならないための対策>
○ 喉が渇く前からこまめに水分と塩分補給を心がけましょう。
○ 寝ているときも汗をかくため、寝る前に水分補給を心がけましょう。
○ お酒を飲んだ翌朝は脱水傾向になっているため、普段よりたくさん水分補給をしましょう。
○ 水分がたくさん含まれている野菜や果物を食べて、規則正しい食生活を心がけましょう。


<もし脱水状態になってしまったら>
 脱水状態になってしまったと感じたら、経口補水液等を摂取して水分と塩分を速やかに補うことが大切です。もし、口から何も飲むことができない状態ならすぐに病院を受診しましょう。意識がはっきりしない状態なら、救急車の要請を考慮しましょう。


前のページへ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:皆さん、脱水症予防を心がけましょう! 上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ