ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:職場体験研修!救急隊になれるかなー!?
前のページへ 次のページへ
職場体験研修!救急隊になれるかなー!?
職場体験を通じ社会の一員として自覚すうrため、中学生が消防署への「体験学習」をしました。

 「豊かな体験」や「総合的な学習の時間」の活動として、中学生が舞鶴市西消防署へ「職場体験学習」にやってきました。西消防署では昨年から実施されています。
 それぞれ別の日でありましたが2つの中学校から3〜4名が、消防署の仕事に興味をもって参加してくれました。
 「おはようございま〜す・・・」の挨拶に、期待と同じくらい、もしかするとそれ以上の不安を持っているな、と感じながら楽しくまた、この子達の成長に少しでも役立つ体験にしなければ・・・担当者も気合の入る気持ちでした。
 1日のスケジュール説明や職員への紹介をすませ、消防署の仕事について説明をしました。小学生の時に見学にはきておりますが、自分のまわりでそうたびたび消防車や救急車の来る事故があるわけでなく、やはりなじみがある仕事ではないようでした。


 座って話を聞いているだけでは眠たくなるので(そんな事も無いでしょうが・・?)体を動かしてもらおうかなーと、会議室から場所をかえて心肺蘇生法の訓練をしました。
 人工呼吸や心臓マッサージをする人形を見て「本物みたい(気持ちわるーとは言わなかったけど・・・)」等の感想をよそにして「はい、今この人は呼吸も脈拍も感じられません。皆さんが何とかして助けてあげてください!」と言うと「えっ、そんなー!」「どうするんやー?」すぐに人形に取り掛かることはやはりできません。救急隊員から「まず、声をかけて意識の確認を」と、倒れた人を見つけたらどうすればよいか講習を受け人形を使って訓練しました。


「意識はあるのかなー。」意識の確認をしたら呼吸の確認。
それでは、訓練開始!
「意識はあるのかなー。」
意識の確認をしたら呼吸の確認。

頬に息吹が感じられるかな?なければ気道の確保 心臓マッサージ開始!
頬に息吹が感じられるかな?
なければ気道の確保
心臓マッサージ開始!

酸素を含んだ血液を脳細胞まで送り込むぞ! 指導者も熱が入ります。
酸素を含んだ血液を脳細胞まで送り込むぞ!
指導者も熱が入ります。

 「気道確保、あごが天井に向くように!」「そうそう。腕をまっすぐに、1・2・3・・・・脳細胞へしっかり血液を送るんや!」指導する隊員もだんだん熱がこもってきて、生徒たちも真剣な眼差しになってきました。人形を相手にしているとはいえ、命に関わる活動を体験し命や生きることの大切さを感じ取ってくれたのではないでしょうか。
 昼の休憩をはさんで防火衣を着て(厚い・おもたーい)ホースを延長して放水するなどの訓練もしました。1日のことではありましたが、この訓練が貴重な体験となって今後の人生の手助けに、少しでも役立ってくれたらなー。そんな想いを胸に帰宅する背中に手を振る担当者でした。
 
明るい明日のため子供達が健やかに育ってくれることを、市民の安心安全を守るとともに、消防署も願っています。


前のページへ 次のページへ

ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:救急隊員になれるかな!? 上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ