ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 >救急活動編:気管挿管救急救命士になるために!!
前のページへ 次のページへ

 気管内にチューブを挿入
 救急救命士は救急隊員が行うことが出来る応急処置に加え、救急救命士でなければできない救急救命処置があり、気管挿管はその一つです。
 気管挿管とは気道確保の一種であり、救急現場で心肺機能停止状態の重度傷病者の気管内にチューブを挿入し、確実な人工呼吸を行います。
 これらを行うことが出来る『気管挿管認定救急救命士』は、救急研修施設等で必要な講習を受け、更に病院の手術室で麻酔科専門医指導の下で気管挿管の実習(30症例 注:患者さんの同意を得た上で実施しています。)を受けた救急救命士が、メディカルコントロール協議会等の認定後、救急現場で必要な傷病者に医師指示のもと気管挿管をすることで救命率の向上を図るものです。
 現在も1名の救急救命士が、『気管挿管認定救急救命士』になるために病院で実習を行っています。(舞鶴市消防本部には16名の『気管挿管認定救急救命士』がいます。)

気管挿管に使用する資器材 喉頭展開により声門を確認
@ 気管挿管に使用する資器材
A 喉頭展開により声門を確認

気管内にチューブを挿入 チューブを固定し聴診器により最終確認
B 気管内にチューブを挿入
C チューブを固定し聴診器により
最終確認
前のページへ 次のページへ
 
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:気管挿管救急救命士になるために!!
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ