ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 >救急活動編:〜防ごう!冬季に起こりうる身の危険〜
前のページへ 次のページへ
 


 今回は、冬季に起こりやすい、身の危険(事故)についてご紹介します。

 まず初めに、みなさんは寒い季節といえば何を思い浮かべますか?みなさんの頭の中には温泉を思い浮かべた方もおられるかと思います。そうです!寒い季節の暖かいお風呂はとても気持ち良いです。しかし、この気持ち良いお風呂にも危険が潜んでいるのです。暖かい部屋から寒い脱衣所や浴室へ行くと、血圧が上昇します。血圧が上昇している中、暖かいお風呂へ入浴してしまうと、血圧がさらに上昇します。そのまま入浴し続けると、次は血圧が一気に下降します。血圧の急激な変動により、意識消失をきたしてしまうという事故です。浴槽内で意識消失してしまうと、溺れてしまい、死亡してしまうというケースもあります。
 また、発汗による脱水により、血液中の水分が奪われ、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓(血管内の血の塊)もできやすい状態になります。
しかし、少しのことを心がけていただくだけで、このような事故へのリスクを軽減できるのです。

@ 入浴前に、脱衣室・浴室を暖めておく。(脱衣所に暖房を置く。入浴前にシャワーを出しておく等。)
A お風呂の温度は40℃程度にする。長湯は避ける。
B 深夜・早朝の入浴は避ける。(外気の温度が下がっているときは危険!)
C 入浴前にしっかり水分補給をする。(アルコールは更に脱水を引き起こします!)
 この4点を意識して気持ちの良い入浴にしましょう!



次に、新年を迎えお餅を食べられた方も多いと思います。しかし、このお餅にも身の危険が潜んでいるのです。私たち、救急隊はこの季節に数多く遭遇するのが、お餅をのどに詰める事故です。なぜこのような事故が発生するのかといいますと、高齢の方は嚥下(飲み込む)がうまくできなくなり、気管(喉)にお餅を詰まらせてしまうのです。窒息してしまうと、死に至るケースもあります。
しかし少しのことを心がけていただくだけで、このような事故へのリスクを軽減できるのです。

@ 小さく切ってから食べる。
A 飲み物を用意しておく。
B よく噛んで飲み込む。
 この3点を意識しておいしいお餅を食しましょう!


前のページへ 次のページへ
 
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:〜防ごう!冬季に起こりうる身の危険〜
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ