ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 >救急活動編: 第576回応急手当普通救命講習を実施しました。
前のページへ 次のページへ

救急隊員による心肺蘇生法の実演

 舞鶴市消防本部では、東舞鶴地区は舞鶴市防災センター・西舞鶴地区は舞鶴市西消防署において、毎月各1回応急手当普通救命講習を実施しています。
 内容は、救命処置といわれる心肺蘇生法・AEDの取り扱い方法・気道異物除去法・止血法で、実技を中心に3時間で学んでいただきます。
 救急車が到着するまでに全国平均で約8分間かかるといわれており、脳は心臓が止まると3〜4分で回復が困難なダメージを受け、心臓の動きが戻ったとしても重篤な後遺症を残すことになります。傷病者の命を救うためには、その場に居合わせた「皆さん」が心肺蘇生法等の救命処置を行うことが最も大切なのです。

 掲載した写真の様子は、6月10日に舞鶴市防災センターで開催された応急手当普通救命講習を受講しておられる様子です。楽しく学んでいただけることを心がけ署員一丸となって指導させていただきますので、皆さんもぜひ一度応急手当普通救命講習を受講してみて下さい。

      <<次回の応急手当普通救命講習についてはこちらをクリック>>


救急隊員が救命処置について説明 受講者が心肺蘇生法とAEDの取扱いを実習
救急隊員が救命処置について説明
受講者が心肺蘇生法とAEDの取扱いを実習

前のページへ 次のページへ
 
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:第576回応急手当普通救命講習を実施しました。
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ