ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:水の事故から命を守るために
前のページへ 次のページへ
水の事故から命を守るために


応急手当普及啓発看板


 いよいよ夏本番、海水浴のシーズンです。
 毎年多くの若者や家族連れで賑わう海水浴場ですが、事故で命を落とす人も後を絶ちません。水の事故では心臓や呼吸が止まってしまうことも少なくなく、そのような人を救うためには、いち早く胸骨圧迫による心臓マッサージ、人工呼吸などを開始する必要があります。そこで、各消防署及び地元消防団では、各海水浴場(神崎・野原・竜宮浜)に応急手当(心肺蘇生法・AEDによる電気ショック)の普及啓発看板を設置しました。
 現場に居合わせた人は「命のリレー」の第1走者です。尊い命を救うためにぜひご協力をお願いします。

 応急手当の手順はこちらです。
 
 応急手当の講習会の案内はこちらです。

 なお、
事故を未然に防ぐことも大切です。
@ 悪天候のときは海に近づかない。
A 飲酒後は泳がない。
B 子供から目を離さない。
C 遊泳禁止区域には入らない。

以上の4点は、絶対に守ってください。
 
 また、
救助が必要なときは以下のことを心がけてください。
@ できるだけ人を集める。
A 要救助者に意識があるときは、陸地から浮くもの(水筒やペットボトルでも使えます。やロープ(ベルトや服をつなぎ合わせて代用できます。)を投げ入れてつかまらせる。
B 海に入る必要があるときは一人では活動しない。専門家がいるときは任せる。


前のページへ 次のページへ

ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:水の事故から命を守るために
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ