ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ生活安心情報 > 119通報について

119通報のしかた

通報は、あわてず正確に! 係員の指示に従ってください。
(どんなことを聞かれるの?何を答えればいいの?)



      はい。119舞鶴消防です。火事ですか?救急ですか?




火事です!(救急です!)  
おちついて、消防職員の問いかけに答えてください。
場所はどこですか。何がもえてますか?(火災の場合)
場所はどこですか。どうされましたか? (救急の場合)







ここは、○○町○○番地です。○○マンション○○号室です。
○○という建物の中です。近くには○○があります。

○○が燃えています。(火災の場合)
急病です。交通事故です。(救急の場合)
のように状態についても正確に伝えてください。
  あなたのお名前と電話番号を教えてください。




わたしは○○です。電話番号は○○○○−○○○○です。 
通報後でも、状況に変化があれば再度通報してください。
また、通報後でも消防からの問い合わせをする場合がありますのでご協力下さい。
その時間はほんのわずか。落ち着いて正確に!


携帯電話・PHSからの通報


 携帯電話・PHSからの通報も局番なしの119で消防につながります。
 携帯電話から119番通報をかけると、受信したアンテナを管轄している市町村の消防本部へつながります。
 舞鶴市境等で受信したアンテナが舞鶴市外の場合は、アンテナの設置してある消防本部へつながる場合があります。
 まず、自分のいる場所が何処なのかを言って下さい。
※もし、管轄する消防本部で無い場合はそこから事故場所を管轄する消防本部へ転送されます。
 その後、火事なのか、救急要請なのか等の情報とくわしい要請場所、あなたの氏名、電話番号を係員に伝えてください。

 また、高速道路から携帯電話による119通報をする場合は、必ず安全な路肩に止まり通報してください。受信した消防本部の係員がくわしい情報を聞きますので係員に伝えてください。
 その後そのエリアを管轄する消防本部が出動します。
 ただし、やむを得ない場合を除き、道路路肩にある緊急電話からの通報をお願いいたします。管理する道路公団等に通報が直接電話が繋がるため、早期に道路情報等が掲示板に表示されることにより、2次的な事故を未然に防ぐことが可能になります。
 この場合は、道路公団等から管轄する消防本部に出場要請の通報が入ります。

 PHSから通報する場合は、一般電話と同様です。


■ 携帯電話やPHSでの通報要領 ■
所在・目標をハッキリ確かめましょう。
携帯電話・PHSからの通報であることを告げてください。
必ず場所(〇〇町〇町目〇番〇号など)を確認してから通報してください。
場所がわからない場合は公衆電話(住所表示があります)からかけ直してください。
走行中の自動車から通報しないでください。必ず、安全な場所に停車してから通報してください。
通報後しばらくは消防からの問い合わせをする場合がありますから電源を切らないでください。



ホームページ生活安心情報 > 119通報について 上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ